8月6日、70年目の朝です

2015080606330800おはようございます。
今日は8月6日、平和祈念朝起会でした。

おかげさまで渋谷にもたくさんの方がお集いいただき、区議の方も渋谷区、港区、目黒区から集っていただきました。

さて、実は今日は生まれて初めて、ご本と一緒に集いました。
毎年、8月6日の朝起会は広島に原爆が落ちたときのお話です。小さい頃は母親に起こされ、「眠いよー!!!」といいながらも集っていました。毎年、毎年、ピカドンの話。小さいころの記憶ながら、毎年同じ話だなーと、よく思っていました。

毎年、毎年、8月6日は全国で平和を祈る。
今年が戦後70年だからとかではなく、朝起会は本当に毎年やっています。 昔のぼくだったら、飽きずにやるな、とか、しつこいなーと思っていたと思いますが、この「毎年、全国でやりつづける」というのは、すごいこと。

戦後70年経つと、当時のことを知っている人はどんどん少なくなる。だけれども、この8月6日だけは、当時の話を本を通じて学び、平和を祈る。それを毎年、毎年、全国でやる。 朝一番からそれをやるって、本当にすごいと思います。こんなに毎年、毎年、全国で平和を祈る組織って、他にあるのかな? 広島、長崎の場所を絞ってだったらあるだろうけど、全国は他にあるのか興味があります。

 

そんなこともあって、今日ははじめてご本と一緒に集いました。ぼくが印象に残ったのが、原爆の被害にあい、病床でいった創始者上廣哲彦さんのこの言葉です。

死ぬものか。この地獄のような日本を救うためにも、生きてみせる。

 

この言葉、覚悟が全然違う。
死んでたまるか、負けてたまるか。 これって、本当に極限にならないと出ない言葉だと思います。
ぼくは東北の復興に関わった中で、何回か聞いた言葉です。そして、そういう覚悟は人に伝わり、必ず人を動かします。

 

地獄のような日本、まさに戦後はそうだったのでしょう。そんな中、日本は復興を遂げ、世界有数の経済大国にまで発展する。今、私たちが平和に豊かに暮らせているのも、このような方やたくさんの方のご尽力があったからこそ。そんな中で平和な日本を次の世代につないでいく。世界にはまだまだ戦争や紛争があり、今日生きること、家族とともに過ごすことがままならない人もたくさんいらっしゃいます。だからこそ、毎年、毎年、8月6日戦争を振り返り、世界の平和を祈る。 ぼくは来年もまた続けていきます。

 

今年は戦後70年。日々の生活の中で戦争の話や平和の話はあまりでないけれど、今日8月6日、8月9日、そして、8月15日にはたくさんの人にとって当時を知り、平和について考える機会であってほしいと思います。

 

まずは身近な家族に伝えていく。
今日は妹を誘っていたけど、今朝は体調が優れず欠席。別に今日は朝起会がどうこうとか、人数がどうこうは関係なく、ぼくはせめて今日だけは、妹もそうですが、姉、他の妹たちにも、集ってほしいなーと思っていました。全国で開催されるということは、全国の人が同じ本を読み、全国で同じ時間に平和を祈る。

 

家族であれど、大人になればバラバラです。だからこそ、今日は離れていても、みんなで朝から集えるといいなーと思っていました。これはほんと、朝起会どうとかでなくてね。みんなが1つのことを思い、離れていても同じ行動をするって、何だかステキなことじゃないですか。それが世界の平和であれば、なおさら良し!今風の言葉でいうと、Love & Peaceなファミリーですよ(笑 なんて、ステキだ!! これも毎年、全国で開催されているからこそんなですよね。

繰り返しになりますが、8月6日は、全国で「平和記念朝起き会」が開催されています。
今日、ご参加できなかった方は、どうぞ、9日、または15日。 機会があれば、朝起会にご参加下さい。

今年は戦後70周年。毎日は戦争のことや平和のことはなかなか考えないけれど、今日、そして、9日、15日には、みんなで平和を祈る、考える機会にしたいと思います。 ということで、妹よ、9日は頼むぞよ(笑

Facebookページ始めました! 「このページにいいね!」 をクリックお願いします。

Comments are closed.