7月、そして、2015年の後半戦もスタートです! 

おはようございます。
今日から7月!今朝は朝起会から無事スタートできたことに感謝です。

 

6月はぼくはほとんど朝起会に行けず。。。今日、お手帳を見てみると15日分の印がありました。ちょうど2日に1度は行っていたことになります。

先月から事業も本格的に進み、夜は新しい仕事も始まる。夜も帰りが遅くなって、なかなか朝に起きられませんでした。体って正直だなーと思うのとあわせて、朝起きに行けなかった日は心もどっかスッキリしない。

 

やっぱり目覚めとともに起きるって大事なのですね。7月は何とか行けるように、また頑張ります。

 

さて、渋谷支部では7月はイベントがあります。
7月7日には渋谷支部のファミリー講演会があります。これ、久しぶりに渋谷支部主催の講演会らしく、みなさん気合が入っています。

 

なんと、当日は

ピアノとフルートの演奏まであるようです

 

すっ、すごい!!

私も当日は運営で参加させていただきます。

 

そして、11日には松岸孝純本部講師が渋谷の朝起きにご出席されます。松岸先生には私はお会いしたことが無いのですが、若い頃には渋谷支部で学ばれていたそうで、会友の皆さんはよく松岸先生のお話をされています。

 

私も11日は楽しみなのですが、実は渋谷の朝起きには参加できず。その日は7月の24日日からある、全国錬成の事前の合同朝起会が吉祥寺であります。11日、渋谷にいたかったなーと思いつつも、錬成は私は初参加。去年、訳あって参加できなかったので、今年は吉祥寺からがんばります。

 

さて、最後になりましたが、今月の神社庁の生命の言葉はこちら

image

 

今日用うるところの材木は即ち前人の植うる所。
然らば則ち安んぞ後人のために之を植えざるを得ん。
二宮尊徳

 

 

薪を担いで本を読む銅像で有名な二宮金次郎さんこと、二宮尊徳さんの言葉ですね。意味はこちらです。

今日用いている材木は我々のご先祖様が植えてくださったもの。そうであるならばどうして我々が未来の子孫のために材木を植えないことがあろうか。何かをのこさなくてはいけない。

 

今月もいい言葉です。これはご先祖様、子孫のこともそうですが、今の自分があるのもそうですね。今の自分、今の生活、今の仕事。これも前人の植うる所です。私もこれからの人のために残していけるように頑張ります。

 

では、みなさまも、7月、そして、2015年の後半戦もがんばりましょう!!

Facebookページ始めました! 「このページにいいね!」 をクリックお願いします。

Comments are closed.