【演壇原稿】渋谷支部 壮年・青年がんばるデー 2015年5月24日

今朝は嬉しいことに、私の地元、相浦会場から青年の方がこの渋谷に集われています。数日前に、父と母から連絡があり、私は今日をずっと楽しみにしていました。

今朝は朝4時半にハチ公前に集合。 駅から一緒に集わせていただきました。

 

私は勝手に青年男子を朝起きボーイズと呼んでいますが、今日は朝起きボーイズの二人は長崎出身、いつもいらっしゃる朝起きガールズのお二人は佐賀出身。 九州つながりで、いよいよ渋谷の青年部も盛り上がってきております。

 

今日は壮年、青年がんばるデーです。私はこのがんばるデーは初めてなのですが、やはり昨年亡くなられた壮年会友さんのことを思い出します。

 

私が渋谷支部に集いはじめたのは、昨年のちょうどこの季節。
通い始めたころは、同じ麻布に住むご夫妻の車で朝起会への行き帰りを送ってもらっていました。車の後ろに座らせていただき、お二人のやりとりを聞くのが、楽しかったのを覚えています。

 

当時、私は朝起会には日曜にくる程度でした。そんな私に、帰りの車の中で、奥さまはにこんな声を書けられていました。
「こんどは土曜日もがんばってみましょうか? それとも真ん中の水曜日にしようか?いつでもお迎えにいくわよ」とおっしゃいました。

 

私が迷っていると、今度は運転されていた旦那さんが、「よかよかー。無理するな。男は仕事優先。来れる時でよか」そんなことをおっしゃったのを覚えています。

 

マジメな人ばかりだと思っていた朝起会に、こんな型破りな方がいらっしゃるんだ。と私は思いました。その壮年の先輩会友さんは、ジャケットは着ずにネクタイもしない。朝起会もクールビズでいいんだよ。 とよくおっしゃっていました。

 

今振り返ると、もし、その先輩会友さんが、「毎日がんばってきなさい」とか、「ちゃんとネクタイ、バッジ、ジャケットで来なさい」 と言われていたら、私はもうイヤになって通えなかったと思います。

 

「よかよか、無理するな。」その言葉の通り、できるところからでいいんだ。そう思った時から少しずつ朝起会に集うのが、楽しくなりました。

 

 

今、おかげ様でこの朝起会が続いています。会場の皆さんとの会話が楽しく、また、責任者さん、班長さん、壮年の先輩方にも暖かく見守って頂き、自由にのびのびと集わせて頂いています。

 

本当に渋谷支部の皆さまには支えていただき感謝しております。おかげさまで私もネクタイだけは着けて学ぶようになりました。最近はなんとかバッジも意識だけはするようになりました。

 

この渋谷支部は55年の歴史がある会場です。壮年の先輩の皆さまは何年も何十年も続けられているベテランの方ばかりです。私はまだまだ、1年目のヒヨッコ。渋谷の男子青年として、歴史と伝統に恥じぬよう、実践に励み、次の壮年、青年がんばるデーにもたくさんの方に集っていただけるように日々、頑張ります。

 

今日一日、3つの恩を忘れず、喜んで働きます。本日は演壇の場、ありがとうございました。

Facebookページ始めました! 「このページにいいね!」 をクリックお願いします。
Categories: 演壇

Comments are closed.