池上支舎 青年朝起会 演壇原稿 2015年5月9日 

本朝は、池上にて初めて学ばせて頂いております。誠にありがとうございます。私が本会にご縁合ったのは、昨年の7月。両親は昔から地元長崎で、朝起きをしていましたが、私は全くいっていませんでした。昨年の7月に母が上京した際に、渋谷で学ばせて頂き、そこから自分でも少しずつ通い始めました。今はなんとか毎日楽しく続けています

 

そんな、渋谷支部は、この4月から新しい責任者に変わりました。責任者が変わり、会場の雰囲気も変わってきました。そのおかげ様か、先日の4月29日の創立記念朝起き会には、たくさんの方が会場にいらっしゃいました。

 

私も創立記念日は自分の妹を誘っていました。ですが、前日になんとドタキャンです。がっかりしていたのですが、代わりに5月3日に行くと連絡がありました。妹は小さい頃は、母に連れられて、よく朝起き会に行っておりました。ですが、渋谷では初めて集います。

5月3日の当日は、妹に朝から電話し、何度もメールをし、到着するまで、ヒヤヒヤしていました。私のそんな心配をよそに、妹はのん気に5時40分ごろ会場に到着しました。会場の外まで迎えに行くと、妹はなんと朝からメイク、バッチリ!

 

化粧に時間かけるなら、もっと早く来いよ! と言いたくなりましたが、これを言っては元も子もないと思い、グッとこらえておきました。

 

本日は青年朝起会です。渋谷でも今年は若い人を増やすために頑張っています。渋谷は若者の街として有名です。ですが、支部には青年男子と青年女子が私を含め3人しかいません。若い人たちに何とか朝起きに興味を持ってもらおう。そう思い、私は男子青年、女子青年という言葉にアダ名をつけました。

 

今、渋谷では男子青年は朝起きボーイズ、女子青年は朝起きガールズと、私が勝手にアダ名をつけて呼んでおります。誰の承認も得ておりませんが、幸いなことにまだ誰からもクレームも来ておりません。

 

そして、もう一つ。

今、私は朝起会のブログを書いています。責任者さんにも許可をいただき、「渋谷で朝起き」という、個人でのブログです。私は仕事で昼間になかなか普及活動に歩けません。ですが、インターネットを通じて、少しでも会に興味持ってもらいたいと思って3月から続けています。

 

会長先生は今年の年頭の辞の中で、改革は会友一人ひとりから始まると教えていただきました。私もこの言葉があったからこそ、70周年に向けて若い世代が何かできないかと思い、今、このような活動に楽しく取り組んでおります。

 

若者は経験がありません。朝起きの経験において、壮年の方、ご婦人の方には敵いません。ですが、若者は元気だけはあります。若い人にもできることがたくさんあります。まずは自分自身の実践から。そして、池上、田園調布、世田谷、渋谷と、城南ブロックの青年みんなで力を合わせて、70周年に向けて朝起き会を盛り上げていきたいと思います。どうぞ、宜しくお願い致します。今日一日、3つの恩を忘れず喜んで進んで働きます。

 

本朝は演壇の場、誠にありがとうございました。

Facebookページ始めました! 「このページにいいね!」 をクリックお願いします。

Comments are closed.